活用・転換事例

マンション1棟(収益物件)

マンション1棟であれば、非常に収益性が高いシェアハウスを運営できます。希望するコンセプトに合わせて自由にリノベーションできるのもメリットです。

マンション1部屋

オーナー様が利用していた広い部屋や、ファミリータイプの部屋が続きで空室になっている物件が適しています。

戸建住宅

戸建住宅もシェアハウスへの転換に適しています。広過ぎたり、部屋数が多過ぎたりして、なかなか買い手や借り手がつかない物件は、よりおすすめです。

寮は居住スタイルがシェアハウスに近いため、最も転換しやすい物件です。目指すコンセプトによって異なりますが、構造を変更する必要がなく、リノベーション費用が安く済むことがほとんどです。

二世帯住宅

戸建住宅より部屋数が多く、設備が充実している二世帯住宅は、シェアハウスへの転換により適しています。

ホテル

部屋数が多く、共用スペースを充分に確保できるホテルは、シェアハウスへの転換に適していると言えます。

実際のシェアリーフの運営物件はこちら

http://share-leaf.com/property