シェアハウスとは

シェアハウスの概念

「シェアハウス」とは、ひとつの住居を複数人で共有して生活することです。
友人同士で住む「ルームシェア」と異なり、赤の他人が一緒に暮らすという点が大きな特徴です。

以前は「ゲストハウス」と呼ばれることもありましたが、部屋が汚い安宿のイメージからの刷新や、言葉の分かりやすさを目的に「シェアハウス」という名称に統一されつつあります。

1つのシェアハウスには、入居者それぞれのプライベートルームに加えて、複数人が共同で利用できる共用スペースがあります。

共用スペースは、主にキッチンや浴室(シャワー)、トイレなどの水回りと、入居者同士が交流できるリビングやラウンジなどです。

シェアハウスの魅力

「家賃が安い代わりに設備が簡素」
「学生やフリーターが多くトラブルが絶えない」
という悪いイメージがあるかもしれませんが、それは誤解です。

実際の入居者は社会人がほとんどで、それ以外は海外からの留学生やインターンシップ生、英会話教室の講師や学校のALTなどの外国人です。

確かに敷金・礼金や仲介手数料がかからず、保証人は不要ですが、家賃は一般的な賃貸とほぼ同じ。
国際交流や異業種交流を求めたり、多人数で楽しく賑やかに暮らすライフスタイルに憧れて入居する人が多いです。

賃貸と比較して魅力的なポイント

-初期費用を安く抑えられる(敷金・礼金・手数料、家具家電etc)
-入退去が簡単
-他人との交流が図れる
-一人暮らしより安心